現場日記

防水工事

屋上・ベランダにこんな症状出てませんか?

  • 排水が悪い、水たまりができる
  • 色あせ、ひび割れ、傷がある
  • 表面の浮きや波打ちがある
  • 雨漏りがする

このような症状があれば工事が必要なタイミングです。

防水工事とは?

防水工事とは?

住宅の屋根部分がビルの屋上の様に平面になっている屋根の事を陸屋根といいます。
このような形状の屋根やベランダには防水工事が必要となります。
防水工事の役割は、建物内部への風水の侵入を防ぐ事です。屋根やベランダ部分も、外壁と同じ様に、紫外線や風雨のダメージで劣化するので、定期的なメンテンスとして防水工事が必要になるのです。

防水工事とは?

戸建住宅で施工される防水工事の種類

ウレタン防水 密着工法

ウレタン防水 密着工法

液体のウレタン塗膜防水材を塗り防水層を作る工法です。下地の形状が複雑な箇所でも施工でるメリットがあります。注意点は規定の厚さが出るようにキッチリ塗り重ねる事です。

ウレタン防水 絶縁工法

ウレタン防水 通気緩衝工法

通気緩衝シートを敷いた上からウレタン塗膜防水材を塗る工法です。下地の挙動を鑑賞し、膨れの原因となる水分を脱気筒から外部に逃がします。

シート防水

シート防水

シート防水は、塩ビ、加硫ゴムを材料としたシートに専用ボンドで屋上に貼り付ける防水工事です。コストと耐久性のバランスが良い反面、複雑な形状の箇所の施工には不向きです。

FRP防水

FRP防水

ガラス線繊維をを混ぜた白いシートをしき、上からボリエステル樹脂を塗り固め防水層をつくります。軽くて強度が高い特性があるため人やモノが乗るベランダ等に最適です。

防水工事の注意点

防水工事と塗装工事は塗り作業がある部分では似ている為、塗装会社でも施工できるだろうと思われる方もありますが、必要な専門知識や技術は大きく違います。もちろん両方の知識・技術を持ち合わせた素晴らしい人がいないことはないですが希少です。
この事を知らずに、すべての作業を塗装職人でやってしまうとトラブルになります。特に雨漏りのある家に防水工事にウレタン防水の密着工法やFRP防水をしても雨漏りは改善しません。防水工事は専門の職人を入れる必要があります。
レインボーペイントが防水工事を行う場合、協力業者として信頼できる防水職人に依頼します。長年の付き合いで培った連携で品質の高い施工を提供いたします。

防水工事は専門の職人が必要!

防水工事と塗装工事

施工風景
施工風景

防水工事と塗装工事は専門性は違えど必要とされるシチュエーションが同時の場合が多く、常に協力して現場に当たる事がほとんどです。レインボーペイントでは長年現場を共にしている信頼できる防水職人と連携をとりお客様の大切な建物を守ります。

レインボーペイントの信頼できる仲間たち

プランと料金 ≫

実績紹介 ≫


電話で相談

WEBで相談

現場日記